キモチのバネ

 

1年前、Teamくれれっ娘!というアイドルグループに出会いました。

ここ1年関わって、彼女たちの魅力は何だったのか、自分の心情と重ねあわせて何がそんなに引きつけられるものだったのかを少し考えてみたんです。

結論から言うと、いわゆるドルヲタ的な楽しみ方とは違うのかなと。

自分は過去、エンターテイメントの世界に憧れ、目指していた経緯があります。仲間内のバンドから始まり、ソロで路上で歌ったり、ギター1本で作曲したり。PCやシンセサイザーで作編曲を手がけるようになったり、その延長でDJやRemixに興味を持ったり。更にジャケットデザインやWebサイト構築等の枝葉的な作業でデザイン的なことまで覚えるに至り…
高校卒業後に進んだ学校もそういうところでした。PAやレコーディング、映像、照明等裏方的なことを学んだり。

結果として、現在の職業でもスキルとしては活かされてるのですが、何というか…原点に立ち返ると、人が驚く顔、人が笑う顔を見るのが好きなんだなっていうのが根本にあったのだと思います。楽しませて人を笑顔にできる仕事がしたかった。

今となっては社会人としてのキャリアもそこそこ、中堅と呼ばれる世代で家庭も持ってしまっているので、曲作りも趣味で細々気の向いたときに行っているくらい。

何か形に残して人々を笑顔にしたい。その夢は諦めてはいないですが、実際のところ、時間も環境も制限されてるわけで。

おそらく、かつて目指していたエンターテイメントな仕事、自分の果たせなかった夢を彼女たちに重ねあわせているのかなと思うんです。だから応援したくなる。推したくなる。

人々を笑顔にするためのパフォーマンスの水面下には人知れぬ努力や涙が隠れていることももちろん知っています。
自分も誰に笑われようとも後ろ指さされようとも、教えを乞う先達もいなかった中、必要なスキルを身につけるのに普通では考えられない無茶をして、時間を使ってそれなりの努力はしてきたつもりですから。しかし、如何せん才能がなかった(苦笑)

その点、彼女たちも近しいところにあると思ったんです。
北海道という土地柄、レッスン環境にしてもそうですし、発表の場の絶対的人口のハンデ、目に留まる機会の少なさ…決して恵まれた環境ではないと思うんですよね。あくまで首都圏と比べた比較論でしかないですが。

以前、くれれっ娘!との最初の出会いをブログで書いたときに、感想を「玉石混交」と表現しました。
ただし、若さゆえの未知数ということもあります。石がいつ玉に化けるのかもわからない。
逆に逸材と思ってた子が挫折を味わうかもわからない。

 

GW以来、諸々の都合で公演は見れてはいないのですが、今日は物販の時間には間に合ったので、顔を出してきました。
推しの一人である、れいにーこと大塚麗奈ちゃんが体調不良で昼の公演を休んだとのことだったので、ちょっと心配で。
普段、どこか肝の座ったところがあって、あまり弱いところを見せない子です。
くれれっ娘!への加入前、いろいろ苦労してた話は聞いたことがあったので、その辺は納得。それなりの心構えや覚悟は持って活動をしているんだなというのはわかってました。

同時に愛されるイジられキャラでもあるので、休演の報が上がったや否や、Twitter上などでは「寝坊では?」とか茶化されておりましたがw、本人はブログで「悔しい」ということを述べてました。
実際会った際もその話をしてきたのですが、そういう物言いをされたことよりも、自分自身の体調管理ができてなかったのが悔しいと。

れいにーとはこんなやり取り。

アテクシ「体調管理も立派な仕事の一つだよ。(スキル向上とかチームのことを考えたりとか)やることは一杯あるんだろうけど、休めるときはしっかり休まんと。れいにーはれいにー。他に替えがきかないんだからね。社会人のた・し・な・み!」
…と話した。対するれいにー。

大塚「何?泣かせる気?(笑)」
…と。

泣かせるつもりも毛頭なかったですし、自分も決して成功した人間でも何でもないので、何をえらそーにって話ですが、いたずらに年食ってるってだけの人生の先輩として心底そう思った。
やっぱり無茶してたのは感じていたから。

くれれっ娘!はある種放任主義なところがあって(ケアできる人材が足りないとも)、誰に教えられるわけでもなく何もかも自分で考えて行動して、後輩たちに伝えていかなくてはならない。キャプテンとしてのあり方やチームでの立ち振舞い、個人としてのスキルアップと…端で見ているだけでも悩むことはたくさん。

そのとき聞いた話。本日の公演、ラスト曲の「またね」で泣いたそうです。

皆が待っていてくれたこと、皆が見てくれていること、皆にに愛されていることを感じられたのでしょうし、悔しかった反面、ステージに立つことができる喜び、ありがたみを誰よりも敏感に感じたんでしょう。

 

そして、もう一人の推し、ちーちゃんこと杉山千秋ちゃん。
彼女もまた個人のこと、チームのこと、いろいろ思い悩んでるんでしょうけど、何かいいこと書いたら図に乗りそうだからいいや←
初期からの叩き上げメンバーで酸いも甘いも知ってますし、性格的にネガティブなところから開き直りで前を向くタイプだと思うのでそんなに心配してません(察せよ)。

まぁ、杉山さんについてはまた別の機会に。

 

とにかく、山あり谷ありで壁にもぶつかるわけですよ。
でも、ピンチはチャンスではないですけど、良くも悪くも何か節目というのは大事で、気持ちを再確認できる機会というのは日々転がっているわけです。それをしっかり捉えてリアクションできる感性というのは大事なんじゃないでしょうか。
節目は足場になる。足場で踏ん張って次のステップへ飛び上がるキモチのバネ。きっとこれを持っているかどうかなんだなと。

 

WHY@DOLLの曲、サンライズ~君がくれた希望~の歌詞にこんな一節があります。
「どんな思いも報われてほしい」

どんなに困難な回り道だったとしても、いつか彼女たちが満足して歩ける道を見つけられるよう、ボクはボクなりにできる応援をしていきたいなと思ってます。
自分が手にすることができなかったものに少しでも近づけますように。

“推し”の卒業、そして…其の一

昨日、Merci♡Cocoのちんはること三村遙佳さんの卒業が発表されました。

当日のTwitterのTLでは悲痛に暮れたファンのツイートや、残された日数、精一杯応援しようとか、頑張れとか激励のツイートなどが飛び交ってました。
月並みですが、本人やメンバーももちろん悩んだ末に出した結論でしすし、ファンの方々の思い入れや、気持ちの整理ができていない様もよくわかります。

残された日々、精一杯楽しんで、送り出してあげたいものですね。

 

さて、それはさておき本題。
アイドル…それもわりと身近な馴染みのアイドルの卒業について。

僕自身、つい10月29日に推し(Snow*Dropのゆっかこと佐々木優香ちゃん)の卒業を経験したばかりですが、ただ思い出を延べても、卒業アルバムのようにあっという間に風化するだろうなと思い、気持ちの整理がつくまで特に触れずにきました。

今回のちんはるの卒業を受けて、ゆっか卒業から1ヶ月半経過した今だからこそ感じるところを記しておこうと思います。

すでにクレレコ界隈では半常識になりつつある「大切なお知らせ」の意味。
これが発布された際には、毎度TLに何かしらの動揺が走ります。
そして、だいたい予想どおりのメンバーについて予想どおりの発表がなされます。

前後の発言とか、表情とか見ていれば、普段接しているファンは多かれ少なかれ感づいてしまうものなのですが、やはりどこかに「まさか」という言葉でごまかして、淡い期待を捨てられずにはいられないところはあるんじゃないでしょうか。
グループとしては特に落ち目になったわけでもなく、順調に展開してむしろこれからというときですから。

しかし、グループとして、周りの期待や運営の思惑という視点ではそうであっても、彼女たち自身の人生にとっては必ずしもそうではないのですよね。特に学生と二足のわらじであったり、実生活がかかってたりすると。

アイドルという職業はその性質上、活動できる期間が極端に限られていて、何をもって成功なのかという答えもない。彼女らの多くが既存のアイドル像を理想として追い求めてると思うし、オンリーワンたる理想を具体的に掲げているわけでもない。何ができるのか模索しながら進んでいるのがほとんどだと思われます。

努力すればたいていのことは何かしらの形で実を結びます。
でも、それがアイドルとしての賞味期限内で達成できるものなのか、芸能活動を続けるにあたって(メシを食っていけるレベルで)後々へ繋がっていくものなのか。それを将来への希望として手応えを実感できるのは一握りの人間であろうし、時の運でしかありません。

そういう時間的制約のことも踏まえて考えていかなければなりませんね。

時間は有限。故に尊い。

1年1サイクルの社会人を続けて約20年。
そんな立場にいながら、わずか半年でこれだけの出会いや別れを経験できる場はそうそうありません。

そういう意味ではアイドル現場は「一期一会」という状況を凝縮して体感できる貴重な場なのだと思うわけです。

 

話は戻り、ゆっかの卒業の件。

卒業より遡ること2ヶ月前、ブログの記事が、まるで悩みを隠し紛らわすかのごとく味気ないものであったり、それまである程度一定の頻度で現れていたTwitterの出没頻度が極端に減ったり、体調を崩して公演を休んだりなんてことがありました。公演中もほんのふとした瞬間に笑顔が消えていたりなんてことも。

そして、9/28のくれれっ娘公演での発表。当日は仕事で見られなかったので、ボーっと実況Tweetで成り行きを見守っていました。

何か予感こそしていたとはいえ、やはり「まさかね」と軽く見ていた節もありましたので、実際、速報をTwitterで見た際は動揺を隠しきれず。
その時点では本人からの言葉が特に上がっていたわけではなかったので、「何故!?どうして!?スノドロもゆっか自身もこれからだろ!?今までの努力はどうなってしまうんだ!?」とひたすら自問。

くれれっ娘やスノドロというグループ、佐々木優香というアイドル像の何たるかしか見てなかった。
客として割り切ればそれはまぁ当然といえば当然なのですが…

でも、その背景…普通に15歳(当時)の女の子が芸能活動ばかりに縛られて…卒業理由にしていた学業の件もそうですが、友人と遊んだり、恋をしたり、普通にしたいよねって。
「活動と学業、どっちも中途半端になるのが嫌」ということを挙げてましたが、推察するに、多忙なスケジュールでペースを掴みきれず、周りに流されて、個人・佐々木優香としてのアイデンティティを見失うのが嫌だったのではないかなと思っています。

そのあたりそんなに器用にこなせそうな子ではなかったですしね。

このアイデンティティという部分。
彼女の在籍時から「歌が好き。歌っていたい。」と何度も耳にしていたので、ゆっかにとっての「歌」は非常に大きなものだったと思います。卒業発表直後に会った際に聞いてみました。

ひ「ゆっか、今後も歌ったりとかするの?」
ゆ「う~ん、今は勉強しっかりしないといけないから…(記事コピペで何度も見た模範的回答)」

ひ「…ごめん!聞き方が悪かった。ゆっか、歌は好き?」
ゆ「うん。好き!」
ひ「いつか歌の仕事したい?アイドルじゃないとしても。」
ゆ「(少し悩んで) したいよ~!」
ひ「よ~し!じゃ、絶対叶えよう!」
ゆ「うん(^^)」

ここまでで自分の腹は決まり。どんな御託よりも、前向きな言葉を聞けただけで十分でした。
そこから卒業公演まで、行ける日は極力顔出して楽しんでこようと。
そして、ゆっかのパフォーマンスのひとつひとつを目に刻んでおこうと…それだけでした。

回を重ねるごとに自分の中にあった悲壮感は不思議と晴れていきました。
卒業が決まってからのゆっかのパフォーマンスが、何というか、一言で言うと迷いがなく、ゆっか自身が楽しんでいるのがヒシヒシと伝わってきたから。

言葉はいらないんですね。

所謂、接触厨プレイやらループ芸やら…それはそれでアイドル現場での楽しみの一つだと思いますけど、そのとき思ったのは、推しが幸せそうにライブのステージで輝いてる姿を見るのがいちばんのヲタ冥利なんだなと。
簡単なことですが、これこそ、初心でいて究極なのではないでしょうか(^^;)

そして、この間、僕自身の出来事としては、ゆっかの卒業公演やその直前の生誕公演の準備等で声をかけてもらい、スノドロ界隈のヲタさんたちとも絡む機会が多くなりました。皆、好意的に招き入れてくれ嬉しかったですし、それまで比較的ライトに楽しんでいたヲタ活がこの1ヶ月は本当に濃密なものに。

時折しも、そのSnow*Drop ゆっかの生誕・卒業をはじめとして、WHY@DOLL さっちゃんの卒業、Merci♡Coco ちんはるの生誕、PIKARINの新公演稼動がかかったミッションと複数の委員が並行して動いていたので、この期間のLink’sは日々賑わっておりましたね。僕に限らず、周りの方々もいろいろと濃密な期間だったのではないでしょうか。

あの総力をあげてイベントを作り上げていく様は学生時代の学校祭のノリに近いですが、対象がはっきりしているので、よりコンセプトが明確で団結感が強かったように感じます。

 

この後の流れとして

10/27(日)、サプライズを仕掛けまくってめっぽう楽しもう!というスタイルで行われた生誕公演、そして、スノドロらしい“2階ライブ”として実施された夜の生誕パーティー。
もうもうもう…ひたすら笑いの絶えない、忘れられない1日になりました。

※2階ライブ
Snow*Drop名物イベント。Studio Link’s 2階のダンスレッスンスタジオにて行われる、交流イベントの一つ。その場で曲のリクエストを受け付け、その場で披露。メンバーと客が入り乱れ歌えや踊れの大騒ぎをするという神イベント(曲解)。

自分は仕事のため欠席でしたが、10/28(月)に卒業パーティーと題した、メンバー手作りカレー&顔面ケーキ大会(?)。実況写真を拝見しましたが、非常に楽しそうでしたwww

そして、10/29(火)、佐々木優香卒業公演。
しっかり目に焼きつきました。最前で。
Link’sへ足を運ぶようになって初めてアンコール発動までさせて頂きました。

もう、後先考えず、燃え尽きる勢いでコールしましたよwww

実際のところ、ゆっかの卒業を機に所謂「ヲタ卒」を考えていました。
その件については次の記事で触れます。

【前編】ロコドル三昧 – Teamくれれっ娘!との遭遇

sglbnrさて、昨日6月9日に札幌芸術の森野外ステージで行われました、「Sapporo-Girls Link Special 2013」に参戦してまいりました!

全国津々浦々のロコドルが集う祭典ということで、まったく未知の体験にドキがムネムネ状態w

野外でのライブフェスなんて、20年くらい前に今はなき北海道ロックサーキットに参加して以来かと思われwww
当日の天気もすこぶる快晴で、とにかくいろんな意味でアツイ一日でした。

 

そうそう、まず、このイベントへ足を運んだ経緯からですね。

振り返ればひと月前のゴールデンウィーク。ヲタ友で10年以上の付き合いになるkskmixが札幌に遊びにくるということで、「何か面白そうなアイドルイベントないべか?」という話になり、いろいろリサーチした結果、「当日、白石区のLink’sというライブハウスでTeamくれれっ娘!の公演をやってるらしい。ちょっと覗いてみますか!?」という話に発展。

まぁ、はじめは正直ローカルアイドルということで冷やかし半分な気持ちもあったのですが、何せ某大手Gに関しては首都圏に比べひじょーに干されな地域ではあるので、アイドル不足感が積もり積もってたわけでして、ひとまず何でもいいから行きたい!とwww

 

ちょうどその日は「Teamくれれっ娘!フェスタ Vol.11 ~次世代くれれっ娘!全員大集合!~」という日で、新体制で32人になったくれれっ娘!のお披露目があった日です。

当日は昼間まで家族サービスしていたので、Link’sに向かう車中でくれれっ娘!Web Siteや選抜メンが出てる動画なんかをチェックして即席予習。
くれれっ娘!サイトではご丁寧に1stメンバー(いわゆる選抜)のランキングまで掲載されていたので、ああ、この娘らが人気あるんだなとWHY@DOLLの3人をひとまず重点的にチェック。他、Snow*DropMerci♡Cocoなどのユニットで構成されているアイドルチームのようです。

いざライブに立ち会って、圧巻!たくさんのメンバーのパフォーマンスもさることながら、狭い会場に現地ヲタの皆さんのパワーも凝縮された感じで。
オリジナル曲、カバー曲含め、あっという間の90分でした。

 

まずこういう現場へ行くと、最初の目的は推しメンをどうするかですよね(^ ^;)
まぁ、お初ということで、上手側のスピーカー横陣取って地蔵状態で見てました。

前述のとおり、くれれっ娘!新体制のお披露目ということで、オープニングでWHY@DOLLのシングル曲「fight!」を全員で歌ってたんですが、もう、Aメロ冒頭から目の前に気になる娘がwww

クリクリお目々で小さい体を存分に使ってパフォーマンスしていたその娘の名は佐々木優香ちゃん。ニックネームは「ゆっか」。
Snow*Dropのギター担当。
小さい体に似合わず声量もたいしたものです!

もう一目惚れですよwww

てか、相方kskmixからは「ガチ恋ですやん!」とツッコミまで入る有様。
(ちなみに、そのkskmixはWHY@DOLLのはーちゃんにガチ恋のご様子w)

※ちなみに、彼のレポというか、思いの丈はこちらとかこちらとかこちらにwww

 

ライブ後はメンバーによるお見送り。ハイタッチなんて素通り系ではなく、結構ガッツリ話し込める即席握手会状態。

例えるならば大手さんの個別握手会2~3枚分くらいに匹敵する満足度です!
ここで、当のゆっかに思いっきり「推し宣言」してまいりましたw

そして、その後物販もあるということで、どんなもんじゃろとひとまず待機。

 

いざ、物販会場へ!
メンバーが横一列に並んで待機しとる!!!!

いやぁ、もう、ビックリでした。メンバー自らが売り子になり、各々の収益がそのまま遠征費やCD制作代に還元されるという直接的な応援システムなんですな。

物販でグッズを選んでる最中も話せるし、写メやらチェキやら最初から商品として組み込まれてるわけでして…まぁ、自称「#楽曲派」なおいらとしてはですよ?CDを買わねば始まらないだろうとw、Snow*DropのCDを買いーの。何だか、サインまでしてくるらしい。ひょおおおお!!!

写真 2013-05-03 22 12 45

相方kskmixがもうさっそくはーちゃんレーンループしまくってるので、ヒマを持て余したおいらはゆっかと2ショット撮影追加w

近くで見るとこれまたちっちぇええええ!!!かわゆううう!!!(鼻血)
まだ15歳ですってよ!

この日は見れませんでしたが、Snow*Dropでバンド曲やるときはギター担当らしいです!
普段、ギターで曲作りしている身としては、もう、ギタリストなだけで推せる!(すでに盲目)

隠してますが、写真は満面の2828っぷりですw

で、気分も最高潮の末、物販も終了。その後、CDをいただきました。

写真 2013-05-03 22 29 50って…

ちょっっっwwww 名前間違ってるwwwwwwwww

「ひろたん」…(汗)

舞い上がってたんで、発音わるくてすみませんな感じ(苦笑)

まぁ、これはこれでネタになるな…と悪い笑顔でニヤケつつ帰宅した次第ですわw

 

すっかりハマったにも関わらず、本業の都合上、土日もクソもなく、休みはバラバラ。帰宅もいつも遅いので1ヶ月ほど公演には行けないモンモンとした日々が続きます。。。

このときにすでにGirls Link Specialの告知はされていたので、これはもう最初から休みをとって行くべし!と決めていた次第ですが、たまたまその前週、早上がりできる日ができたもので、その日も急遽くれれっ娘!フェスタに参戦!

写真 2013-06-02 21 08 19この日は7月に東京に遠征する選抜チームの総選挙企画が!入場時に1枚と物販で1000円ごとに1枚の投票券がついてくるとのこと。

無論、すべてゆっかにぶっこみましたwwwww

結果、予想以上の得票に全員が行けるということに(^ ^)

結果はこちらに掲載されております。

そんなわけで、この日も取り憑かれたように物販へw
2度の公演を観て、Tシャツとタオルは必須だなと感じたので、この日はそれらとやっぱり2ショット写メをwww写真 2013-06-02 22 10 21

「今日の衣装かわいいでしょー!一緒に2ショット撮ろうよ!」と言われれば…

ええ。しっかり撮ってきましたよ。ステージの上で照明に曝されながらw

どうも。ひでたん改め、ひろたん改め、だるまたんですw

さすがにTシャツとタオルのサインはこの日は間に合わないということでした。まぁ、次週もGirls Link Specialが控えてるし…抑えめに抑えめに。

それにしてもゆっかはかわいい。(結論)

 

「【後編】ロコドル三昧 – Girls Link Special 2013」に続く

1830m個別握手会レポ他

というわけで、今回は珍しく握手会レポートです。

去る10月13日(土)~14日(日)、念願の東京ヲタ活ツアーへ行って参りました!w

東京ビッグサイト

まずは1日目の10月13日(土)は今回の目玉、東京ビッグサイトで行われたAKB48のアルバム「1830m」発売記念大握手会&写真会に参加。
当日、朝方ギリギリまで仕事してたのですが、しょっぱなから飛行機に乗り遅れるという(割と想定内)トラブル発生www

普段、仕事やプライベートな都合でなかなか東京にも飛べず、札幌の全国握手会しか参加していないアテクシですが、昨年のアルバムでポシャった写メ会が復活とのことで、意を決して事前に劇場盤抽選で複数枚投入!
推しメン6人が当選。各1枚ずつです。

第3部~増田有華、横山由依
第4部~篠田麻里子、山内鈴蘭
第5部~柏木由紀、指原莉乃

Continue reading

【イベント】REVEL@Styrish Bar Across【レポート】

本日は、昔のパラパラ仲間が十数年ぶりに揃うということで、久々にイチお客さんとして遊びに行ってきました!

DJ TUSSYの往年の2次ブーム選曲、楽しかったです^ ^
それにしても、おっさん&おば…否、妙齢のお姉さま(便利な言葉)が多かったw

Wi-Fi環境が使えず、3G回線の制約があったので、Ustreamじゃなく、ツイキャスでやってみたり。
あのコンティニューコインの延長システムは面白いっすねwww

人様のイベントで、何だかんだ5時間も配信してもうたという…www

見逃した方はアーカイブをどうぞ♪
詳しいイベントのもようはこちらから。
Continue reading

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。